This Category : BL小説

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールトの雲 一穂みち

2009.03.26 *Thu
オールトの雲 (新書館ディアプラス文庫)


この作家さん初読みです。
「雪よ~」の方は何となく手が出ないままだったんですけど、
J庭で、その続編?を購入しました。
なので本編を読もうと思ったら何故か売ってなくて・・
で、最新刊から読む事にしました。

読み初めて真っ先に思ったのは
「これは”りぼん”だわ~」でした。
昔、まだ純粋無垢だった頃愛読していたりぼんの
テイスト!
ハーフ、という設定もBLやジュネ、というより
花ぶらんこゆれて」とか、そんなイメージ
って知ってる人はいるのかな?
幼馴染、辛い境遇、離ればなれ、どれもみんな好きなんだけど

やっぱ、全く初めて同志がなんの準備もなく
あんなに上手くいく訳ないじゃん
と思ってしまうのがもう全然純粋無垢じゃないわね~

井上佐藤さん読んじゃった後だからしょうがないんだけど・・。

別にハーフじゃなくても、とか流星父乙女すぎるだろ、など
つっこみも色々ありつつ、嫌いな世界ではないので
次回作も読んでみたいです。

その後「雪よ~」も手に入ったので
そちらも一気読みしたいと思います。
スポンサーサイト
COMMENT : 5
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 一穂ミチ

木原本 二冊

2009.03.16 *Mon
J庭の行き帰り、ホテルなどで読もうと
何冊か本を持っていきました。
その中の二冊がこれです。
WELL (Holly NOVELS)
藤田 貴美
488386314X


この作品は全く予備知識なしで読み始めました。
「あ~木原作品には地雷があるってのは、この事ね」
と納得しました。
シチュエーションが悲惨なものは、あまり堪えないので
平気で読み進んでいけました。
食べ物なくなりゃ、そうするしかないよな~と
危機に直面した事ないので結構軽く読み流したりして。
でも、愛のあるエッチがないのね
それが辛かった。
打算と狂気と暴力・・。
HOPEとは・・。あれ以上の救いがない、という事を知ることが望みだったのでしょうか。




NOW HERE (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
鈴木 ツタ
4883863484



こちらはJ庭で番外編の入った既刊を買うことが出来たので合わせて一気読み。
まず新幹線の中で本編を読み、自宅に着いてから続きを読みました。

これもなるべくネタばれな記事を避けていたので
衝撃を充分味わう事が出来ました。

秀逸だなぁと思うのは、福山はどんどん気持ちが揺れ動いて行くのに
仁賀奈は実は何一つ変わっていなかった、と言う所でした。

読んでる自分も仁賀奈だって、福山に絆されて
好きで好きで仕方なくて葛藤してるんだ、と思って読んでいましたので。

せめてちょっとくらいは気持ちがあるのでは、と思っていたら・・・!

びっくりしました~。

その後のどんでん返しは、あぁ良かった~と思いつつも、
二人の関係が始まったばかりのところで終わっているので
ホントに大丈夫なの仁賀奈さん、と心配していたら、
「未来のNOW HERE」と「おまけのNOW HERE」で
しっかりフォローされたので一安心でございます。

でも、挿絵のツタさんの「僕の知るあなたの話」を
先に読んでいたので、
仁賀奈と西島さんが被って仕方がないのでした。

二十一歳違うから充分ありえるよね~・



COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 木原音瀬

オレンジのココロートマレ  崎谷はるひ

2009.02.26 *Thu
オレンジのココロ―トマレ (幻冬舎ルチル文庫)

白鷺シリーズなんかもそうなんだけど、
この「オレンジ~」の出てくる相馬のように
けなげで、可愛らしい容姿、けれど意地っ張りで頑張り屋な性格、
というキャラが友達や、肉親、に心配され、褒められ、
さらに恋人にはそれプラス ベタベタに愛されるという

女の子が主人公だったら「けっ!」と思って絶対読まないであろう作品が
大好きなのは何故だろう?

さらに可愛い外見とは裏腹に意外と男前な性格なのに
いざエッチするとなると首を「コクコクと振った」りしちゃう
初心で幼子の様なしぐさに萌えてしまうのは何故だろう?
と思いながら読んでおりました。

ただ、そのラブの部分が少ないというか、ストーリーの状況説明が多くて
まるでプロットを読んでいるような気持ちになった事は否めません。
もしかして崎谷さんは頭の中でストーリーをマンガで展開してるのだろうか?
マンガなら一コマで済むシーンを言葉で説明したくなっちゃうんだろうか?
などと勝手な推測ですが・・。

とりあえず次のアダルトカップルのお話も楽しみです。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 崎谷はるひ

命いただきます!  剛しいら

2009.02.20 *Fri
命いただきます! (キャラ文庫 こ 2-19) (キャラ文庫)

lucindaさん 月読さんのブログでお薦めだったこのお話
やっと、読めました。

皆さん言われるとおり、剛さん、多作でいらっしゃるだけに
自分にとって当たりハズレも多いです。

まだまだ読んでないお話はたくさんあるんですけど、
ここ続けて読んだ二冊はあまり当たりではなかったので・・。

でも!
これは良かった!
剛さんは、こういう「和物」っぽい話が私は好きですね~。


攻めの坂東の男気っぷりにやられてしまいました。


巽は坂東が抱いてやると言ってくれたのは、
巽の想いに答えてくれたのではない、
ただ肉体の苦しみを軽くしてやろうという、
坂東独特の優しさなんだと思えてきた



坂東にベタ惚れの巽に、
変に情けもかけず、突き放しもせず
こんな事を思わせてしまうだなんて、
なんていい男なの!


剛さんは必要最小限の言葉でキャラを想像させてくれるので
坂東のセリフも描写もあっさり描かれているんですが、
過去を背負ってきた人間の深みが
よく出ているなぁと思います。


巽を昔の男の前で抱くシーンとか、良かったなぁ・・。

COMMENT : 4
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 剛しいら

野ばらの恋 砂原糖子

2009.02.13 *Fri
まだまだBL小説を読み始めて日が浅く、
あまり冒険もせず、正統派と呼ばれる作家さんの
これまたレビューなどで評価の高い作品から読んできた私。
砂原さんの作品はまだ半分読めたかなぁ位なんですが
私の中で安心して読める作家さんです。


野ばらの恋 (幻冬舎ルチル文庫)



それでも!この「野ばらの恋」を読んだ時
BL作家さんってスゴイわ・・。と驚きました。
もちろん良い意味で。


一見、穏やかそうに見えるお話なのに
なんという力技!



祖父の代から続く企業の御曹司で、
容姿端麗、相手に事欠かない
典型的なイケメン攻めキャラが


老人ホームで、
子供に帰っちゃった方たちと同列に
お世話してもらった事がきっかけで、
恋が芽生えちゃうなんて・・!




攻めの椛代は家庭の暖かみを知らなくて
入居者の世話をかいがいしくする三園に
母性のようなものを感じる。そして
自分が零したクリームを三園に拭い取ってもらった瞬間、
バニラエッセンスの甘い香りと共に
三園に対して思慕の念を抱くようになる(あれ~?マザコン?)



この三園というのが「若い男性恐怖症」で、
世間と隔離されたような生活を送ってきたため
自分を引き取ってくれた草一(60歳代)に恋心を抱き
草一亡きあとも彼を思っているわけですが・・。



他にもすごい!と思ったのは、
二人の関係の進展に繋がったのが
入居者同士の逢引現場を目撃してしまう事だったり、
嫉妬する対象が、草一さんや、桑山さんといった
お祖父さまの年代の方だったり・・。


地味だけどすごすぎる!



普通に(苦笑)ドキドキキュンキュンのシーンも一杯あります。


椛代に対して随分気持ちが傾いていきながらも
自覚しきれない三園。
そんな三園の変化に気付かないまま三園を諦めるつもりで
キスをする椛代。
このキスシーン、短い中にも切なさとエロさが半端じゃありません。


ホームで小火騒ぎがあったときに椛代に対する気持ちを
はっきり自覚する三園。

火事で軽いやけどをしてしまった椛代に謝りながら、
その傷口に口付けるシーンではやられた~!と思いました。

読み始めはどうなっちゃうんだろうと思っていたのですが
さすが砂原さん、細やかな気持ちの変化を描くことに
手を抜いていないので、良い読後感でした。


あんなに晩生だった三園ですが、
余分な知識や先入観がなかったことが良かったのでしょう。
あらら~というくらい成長してしまいました

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 砂原糖子

プロフィール

みっと

Author:みっと
恐ろしい勢いでBL本増殖中。
先日保育園児の次男に
「ママの絵本落ちてたよ」
と、BLコミックを手渡されました。

リンク、コメントお待ちしてます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

BLマンガ (11)
井上佐藤 (2)
大槻ミゥ (1)
木下けい子 (1)
語シスコ (1)
国枝彩香 (1)
SHOOWA (1)
西田東 (1)
日の出ハイム (1)
吉池マスコ (1)
BLその他 (1)
一般マンガその他 (1)
BL小説 (7)
一穂ミチ (1)
木原音瀬 (1)
剛しいら (1)
崎谷はるひ (2)
砂原糖子 (1)
須和雪里 (1)
BLな日々 (9)
日常 (1)
購入記録 (2)
告知 (1)
未分類 (0)



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 腐完全燃焼 All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。