This Archive : 2009年03月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールトの雲 一穂みち

2009.03.26 *Thu
オールトの雲 (新書館ディアプラス文庫)


この作家さん初読みです。
「雪よ~」の方は何となく手が出ないままだったんですけど、
J庭で、その続編?を購入しました。
なので本編を読もうと思ったら何故か売ってなくて・・
で、最新刊から読む事にしました。

読み初めて真っ先に思ったのは
「これは”りぼん”だわ~」でした。
昔、まだ純粋無垢だった頃愛読していたりぼんの
テイスト!
ハーフ、という設定もBLやジュネ、というより
花ぶらんこゆれて」とか、そんなイメージ
って知ってる人はいるのかな?
幼馴染、辛い境遇、離ればなれ、どれもみんな好きなんだけど

やっぱ、全く初めて同志がなんの準備もなく
あんなに上手くいく訳ないじゃん
と思ってしまうのがもう全然純粋無垢じゃないわね~

井上佐藤さん読んじゃった後だからしょうがないんだけど・・。

別にハーフじゃなくても、とか流星父乙女すぎるだろ、など
つっこみも色々ありつつ、嫌いな世界ではないので
次回作も読んでみたいです。

その後「雪よ~」も手に入ったので
そちらも一気読みしたいと思います。
スポンサーサイト
COMMENT : 5
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 一穂ミチ

麗人Bravo!春 「オオカミの血族 最後の楽園」

2009.03.23 *Mon
麗人Bravo (ブラボー) ! 2009年 04月号 [雑誌]
麗人Bravo (ブラボー) ! 2009年 04月号 [雑誌]

ばーどさん!買えました~(涙)

チッチの結婚式にのんが帰ってきてから

どうなるんだ、この二人!

と長く気を持たせてくれた子のお話

やっと、発売、やっと読めたわ~
COMMENT : 4
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 井上佐藤

刑事スタスキー&ハッチ

2009.03.19 *Thu
これはスタスキー(黒髪)とハッチ(金髪) 二人の刑事物だが、毎回軽くて面白くて良く見ていた。

今見るとハッチ役のデビット・ソウルなんか随分前髪がやばいんじゃないの?って感じだが
当時は「ハッチかっこいい~」と本気で思ってた。
スタスキー役のポール・マイケル・グレイザーもちょっと濃すぎるんじゃないの?って感じだが
「スタさんかっこいい~」と思ってた。
そう、この二人日本語の吹き替えでは「スタさん、ハチさん」と呼び合っていたのだ。
やじきたじゃないんだから全く。
この映像を見てもらえば分かるんだけど、この二人、刑事のくせに仲が良すぎるの。
ただの相棒じゃなくて、一身同体どちらかが犯人に怪我させられたりすると(ベタな演出)
「お前がいないと生きていけない」位の勢いですがったりしてさ~。
子供心に「やっぱ、命の危険に係わる仕事だからかなぁ?」などと思って見ていたものだ。
今はまた色々面白い海外ドラマがあるけど
昔もこんなに面白いのがあったのよ
でも、お姫様抱っこまでする必要はないと思うんだ



COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : BLな日々

木原本 二冊

2009.03.16 *Mon
J庭の行き帰り、ホテルなどで読もうと
何冊か本を持っていきました。
その中の二冊がこれです。
WELL (Holly NOVELS)
藤田 貴美
488386314X


この作品は全く予備知識なしで読み始めました。
「あ~木原作品には地雷があるってのは、この事ね」
と納得しました。
シチュエーションが悲惨なものは、あまり堪えないので
平気で読み進んでいけました。
食べ物なくなりゃ、そうするしかないよな~と
危機に直面した事ないので結構軽く読み流したりして。
でも、愛のあるエッチがないのね
それが辛かった。
打算と狂気と暴力・・。
HOPEとは・・。あれ以上の救いがない、という事を知ることが望みだったのでしょうか。




NOW HERE (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
鈴木 ツタ
4883863484



こちらはJ庭で番外編の入った既刊を買うことが出来たので合わせて一気読み。
まず新幹線の中で本編を読み、自宅に着いてから続きを読みました。

これもなるべくネタばれな記事を避けていたので
衝撃を充分味わう事が出来ました。

秀逸だなぁと思うのは、福山はどんどん気持ちが揺れ動いて行くのに
仁賀奈は実は何一つ変わっていなかった、と言う所でした。

読んでる自分も仁賀奈だって、福山に絆されて
好きで好きで仕方なくて葛藤してるんだ、と思って読んでいましたので。

せめてちょっとくらいは気持ちがあるのでは、と思っていたら・・・!

びっくりしました~。

その後のどんでん返しは、あぁ良かった~と思いつつも、
二人の関係が始まったばかりのところで終わっているので
ホントに大丈夫なの仁賀奈さん、と心配していたら、
「未来のNOW HERE」と「おまけのNOW HERE」で
しっかりフォローされたので一安心でございます。

でも、挿絵のツタさんの「僕の知るあなたの話」を
先に読んでいたので、
仁賀奈と西島さんが被って仕方がないのでした。

二十一歳違うから充分ありえるよね~・



COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 木原音瀬

J.GARDEN26行って来ました!

2009.03.10 *Tue
BLに出戻って二年弱、
ガーデンは昨秋に続き二回目です。
初回の時はサークル名と作家さんが一致しなかったり、
既刊をどう買ってよいか分からなかったりして
まあ、雰囲気味わうだけでも良いかな、と思い
のんびりと10冊くらい購入しただけでした。が!
たった半年の間にこんな事に・・。
IMG_0597.jpg


チェックして行ったところは大体回れましたが
とても混んでるところは断念したり
うっかり忘れたところが一つ!
ここは痛恨のミス!という感じでしたが秋も出られるそうなので
今度こそ忘れずにお邪魔したい。

その後場所を品川に移動して大勢の(総勢12名)方々と
お食事&お話する事が出来ました。
昼間っからビールを飲みながらBL話が出来る日が訪れようとは!
皆さん郷土の歴史に素晴らしくお詳しく、中でも一番印象深いのが
「西郷さんは総受けなの!」発言でした。

この12名は上は私を含むアラフォー(私はセーフなのか?)から
下は二十歳!のお嬢さんまでいらっしゃって、若い人達のBLにはまるきっかけが
多様な事に驚きました

ジャンプ、ゲーム、ノーマルetc同人誌文化が出来上がってから
はまった人達なんだなあ、と納得。

とにかくずっと一人で読んで来たのでこんなに多くの人と
BLについて語った事は初めてで本当に楽しかったです。
(まだまだ会話についていけない事が多かったけど)
lucindaさん、いろいろありがとう!vivian先輩、miriam先輩
かりんこさん、ばーどさん、rrrさんはじめ若いお嬢さん方
皆様ありがとうございました。
また秋にお会いできたら嬉しいです。

COMMENT : 11
TRACKBACK : 0
CATEGRY : BLな日々

向日性のとびら  SHOOWA

2009.03.07 *Sat
〇〇に似てる、という書き方は読む人にとっては
不本意な場合もあるかな、と思いつつ
書きたくなってしまう作家さんがいます。

それは決してマイナスな印象ではなくて、
〇〇という作家さんの遺伝子を継いでいるんだなぁ
という思いなんです。
ただ似ているんじゃなくてむしろその人本人の個性は物すごく強い、
その中にちらりと別の作家さんを思い起こさせるエッセンスがある、というか・・。


SHOOWAさんは
NON Tea Room (花音コミックス)
NON Tea Room (花音コミックス)

が初読みだったんですけど
読んだ瞬間「わ~カリフォルニア物語だ!イーヴがいる~!」
と思いました。なんか洗練される前の吉田秋生。
でも確実に今の時代のセンスを感じる作風。
なのでこれもすぐに読みました
Nobody Knows (花音コミックス)
Nobody Knows (花音コミックス)

二作読んで、新刊が待ち遠しくなりました。


で今回の

向日性のとびら (花音コミックス) (花音コミックス)
向日性のとびら (花音コミックス) (花音コミックス)

です。
キャラが外国人でも違和感なく読める作家さんは
私に中では以外に少ないのですが、このお話はすごくしっくり来ました。

たんたんとした絵柄ですが伏せ目がちの表情などが
何種類もあって、とても雄弁なです。


ストーリーも非日常的ではあるけど、テンションはむしろ低い感じ。
その分カイの秘めた感情が伝わってきます。

この辺りが「カリフォルニア物語」や「河よりも長くゆるやかに」の
頃の吉田秋生の遺伝子を感じさせるのでした。

長編で読みたい作家さんです
COMMENT : 3
TRACKBACK : 1
CATEGRY : SHOOWA

Jガーデン行ってきます

2009.03.07 *Sat
遠いので前泊します!
明日の天気はいかに!
寒かったら真冬の格好で行ってしまいそうだ~
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : BLな日々

巡り合うよベィビィ   木下けい子

2009.03.05 *Thu
巡り合うよベィビィ (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)

私がBLを読むきっかけになったのは
よしながふみの大奥からなんだけど、
あの時点で、よしながさんは、もうBL作家では
なかったと思ってました。

なので現役のBL作家として初めて読んだのが
木下けい子さんの『KISS・BLUE』でした。

こういうレビューがある事も知らず、直感だけの表紙買い!

でも正解だったと思う。ピ〇スとかから読んでたら引いてたかも

今はガンガン読みますが。

さて、この『巡り合うよベィビィ「』ですが

高校教師×高校生の話。

高校生吉澤が、バイトの途中で見かけた男同士のキスシーン。
それは、自分の高校の先生筧だった。
自分も複雑な家庭の吉澤は、恋愛なんてかったるいと思っていた。
けれど、ろくでもないと判っている男に必死に係わっている筧を見て
「好きってそんなに大事かよ」
と思い、筧のことが気になって行く。


筧の相手、智はホントにどうしようもない男なんだけど、
こういう報われない相手を思っている表情が
上手くてエロいなぁといつも思います。

あとは、何気なく相手の頬に手を伸ばす、とか
良いですね~。好きです。

醒めているように見える吉澤も
筧のことが好きになって行く過程がとても可愛い

筧の言動に一喜一憂したり
「良い子だなぁ」と褒められて
真っ赤になったり・・。

はじめは高校生相手に何かするなんて
思いもしていない(というか自分に言い聞かせてる)
筧だが、吉澤の気持ちに引きずられて思わず
キスしてしまう。

結局
~いつもさめたフリして
つんと上を向いて
勝気で俺をニラみつける
それがかわいくて
「手ぇ出して悪いかよぉ、チクショー」~


と開き直ってしまう筧。

そして卒業式の日に
「卒業したらSEXしてくれるって言ったじゃん」
と吉澤に迫られちゃいます。

これって誘い受け?襲い受け?どっちって言うの?

キスが3回と寸止め1回、エッチが1回、
と薄いのは相変わらずですが
好みの作品でした。

筧を混乱させる吉澤の父と母が変で可愛かった。

あと、智の相手は西さんというのだが、
ほんのちょっとしか出てこないのにちゃんと名前があるなんて
別シリーズでもあるのだろうか?
COMMENT : 1
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 木下けい子

ドント・クライ・マイ・ベイビー  西田東

2009.03.04 *Wed
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)

BLを読み始めたばかりの頃、きらびやかな表紙の中で、
全く違う雰囲気をかもし出していた西田東のコミック。

吸い寄せられるように手に取りました。

第一印象は

青池保子と坂田靖子と美味しんぼを足して割ったような・・。
でもなんて色気のある話なんだろう。


でした。

今回のお話も
派手なロッカーのような風貌の男が四畳半フォークを歌ってたり、
切れ者の部下が、大浴場で足を滑らせてご開帳してしまう、とか
浴衣でトイレでエッチ、とか


何とも所帯くさいんですが
平凡な毎日をこなしていく中で、押さえつけている感情が
開放される瞬間を描いているので、そこに切なさや、エロを
感じます。


なので
最後のローマ帝国っぽい話はどうなんだろ・・?
ああいう非日常に舞台を持っていかなくても
別にいいんじゃぁ、と思ってしまいました。

でも色々な作品を描いていただけるのは
嬉しい事なので応援したいです。

COMMENT : 4
TRACKBACK : 2
CATEGRY : 西田東

J・GARDEN 26   スーツ・リーマンが!

2009.03.01 *Sun
222001012130a.jpg

先週の木曜日の事
何気なく夫に

「明日、名古屋まで行かなきゃ」 
「なんで?」
「ガーデンガイド買いに行かないと。でもそれだけのためにわざわざ行くのもなぁ・・。」
「どこで売ってんの?帰りに買ってきてやろうか?」

因みに夫は私がBL読んでる事知ってます。
従って、ガーデンガイドの内容も知ってます。

「えええ~っ!だってアニ〇イトだよ?」
「おう、通り道にあるぞ」
「いやいや、そういう事じゃなく」

と言う訳で夫に買いに行かせました。

43歳スーツ・リーマンが一体どんな顔してレジにこれを出したんでしょう?
そして、店員さんの反応は?

「店の人にガーデンガイドどこですか?って聞いたらな、はいコレです、って出してくれたぞ」

無知の勝利。

「初めて入ったけど、おもしろいなぁ~。いっつも開店前から並んでるけど皆、何買うんだ?」
だから、こういうのや、ああいうのを買うんですってば!
COMMENT : 3
TRACKBACK : 0
CATEGRY : BLな日々

プロフィール

みっと

Author:みっと
恐ろしい勢いでBL本増殖中。
先日保育園児の次男に
「ママの絵本落ちてたよ」
と、BLコミックを手渡されました。

リンク、コメントお待ちしてます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

BLマンガ (11)
井上佐藤 (2)
大槻ミゥ (1)
木下けい子 (1)
語シスコ (1)
国枝彩香 (1)
SHOOWA (1)
西田東 (1)
日の出ハイム (1)
吉池マスコ (1)
BLその他 (1)
一般マンガその他 (1)
BL小説 (7)
一穂ミチ (1)
木原音瀬 (1)
剛しいら (1)
崎谷はるひ (2)
砂原糖子 (1)
須和雪里 (1)
BLな日々 (9)
日常 (1)
購入記録 (2)
告知 (1)
未分類 (0)



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 腐完全燃焼 All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。